遊び心と余裕

私は幼いころから遊びが好きな人間だったよう
に思います。
もっとも、おもちゃで遊ぶことも好きですが、
野山をかけまわることが大好きな人間でした。
自慢ではありませんが、勉強では、常にクラス
最下位を守ってきました。
その意味では、読み書きや算数などの基本がで
きていませんので、今も悪戦苦闘しています。
なにごとも基本が大事だと、心から実感してい
ます。

受験勉強をはじめたのは友人のおかげですが、
勉強しようというよりはゲーム感覚で問題を解
いていました。
常に遊び感覚がないと、私は勉強もできません。

会社へ入っても同じです。
営業職をしていたときも遊び心がある先輩や同
僚にめぐまれ、私は幸運でした。
仕事自体よりは、仕事について語る先輩や同僚
たちとの会話が大きな学びになり、遊び心と余
裕をもって仕事できたことが一番だったでしょ
うか。
仕事ができる人は、やはり人間的な魅力がある
ものです。
このことは、不思議とどのような会社であって
も人間次第です。

ソニー子会社へ転職すると毎日が遊び心満載で
すから、私の人生そのものだったでしょう。
そうでなければ、あれほど夢中になって仕事が
できるとは思えません。

今も遊び心と余裕をもっていろいろなことをや
っています。
わが家のわんちゃんも遊び心をたくさんもって
います。
遊び心は、生き物の特権ではないでしょうか?

芝刈りの季節がはじまった

今年は天候不順で芝の育成をするチャンスを逃
してしまいました。
例年なら3月にエアレーションをし、4月に芝
の補植をするのですが、長雨と気温低下が続き、
このタイミングを失することになりました。

芝とは30年以上の付き合いですが、比較的よく
根付いており、長い付き合いです。
芝は、なんといっても芝刈りが大変です。
これからの夏場は週に1回程度刈らなければなり
ません。
熱中症にならないのが不思議なくらい毎年調子
よく芝刈りに励んでいます。

もっとも、芝刈りだけでなく庭木の剪定、いろ
いろな花の植栽をやりますから汗をかく仕事は
私の特権でしょうか。
植物は言葉を話せませんが、剪定や芝刈り、あ
るいは水やり、さらに消毒をすることで私の心
のなかに言葉が返ってきます。
毎年、しっかりと成長した姿をみせてくれるこ
とや、長い年月、お互いに元気でいれることが
なによりの証でしょう。

木々の枝葉や芝の伸び放題をみているだけで、
私が罪悪感をもってしまいます。
わんちゃんと共に、私の健康を支えてくれてい
る源かもわかりません。
そういえば、メダカたちもですが。。。

世間の評判

私の人生はと聞かれれば、答えは失敗が多いで
しょうか。
今日は、アジサイをテーマに書いていましたが、
写真の編集時にテキストデータを削除してしま
い、また、このテーマで書き直しています。
そういえば、私は、この手の失敗をよくするの
です。

私は、直観的に文書を書くほうなので下書きが
ありません。
削除されると簡単に文書がでてきません。

私は世の中の評判など気にならないタイプです。
自分の好きなようにやってきました。
営業時代には、1か月間の長期休暇を取得したり、
自分でやりたいことがあれば、どんどん会社に
提案して実現しました。
ここに書けないようなこともやらかしました。

自分が決めた目標に向かっていけば、世の中の
評価を気にするよりは自分を信じてやったほう
が、失敗は多いですが、失敗したとしても自分
の中に充実感が残ります。
世の中の人たちからは、ばかな奴といわれてい
るでしょうが、バカなことをした人にしかわか
らない世界があります。
また、たまに私と同じようなバカな人がいるか
ら、この世界はおもしろい。

人はそれぞれ違います。
だからこそ、世の中の評判など気にせず自分の
やりたいことをやっていくほうがいいのです。
世間の風当たりや会社の中の風当たり、家庭か
らの風当たりは、相当なものですが。。。
もっとも、私のようなタイプは成功の確率も限
りなく低いので、安易に乗らないようにしてく
ださい。
サーカス的人生になります。

やりたいような人は、まず会社の中でやんちゃ
してみることからはじめましょう。
会社の度量がわかるかも?
ちなみに辞書によれば「度量」とは、他人の言
行を受け入れる、心の広さ、とあります。

なぜ、ストレスに弱い私がソニーでうまくやれたのか

昨日書いたように、私は組織のストレスに弱い
タイプです。
では、そんなストレスに弱い私がソニーでは、
なぜ、うまくやれたのでしょうか。

理由は、いくつかあります。
私にとって一番の理由は、適法経営でしょうか。
違法なことをやるような経営者や管理職がいな
いということです。
もっとも、人間は完全ではありませんから、非
常に少ないということです。
このことの前提には、業務監査(抜き打ち)、
会計監査(抜き打ち)といった内部監査制度が
仕組みとして機能しているからです。
詳細は別な機会にさせていただきますが、この
ような適法経営が確立しているので、私がもっ
ている組織に対するストレスが大幅に軽減され
ます。
私が、経営者や管理職の姿勢を心配する必要な
どないからです。
問題があれば、個々に指摘することも可能です。

二つ目は、個人の意思を尊重した経営スタイル
です。
簡単に書けば、部や課の事業計画の策定責任が、
各管理職にあり、個人の自由度が高い経営スタ
イルになっています。
当然、このような経営スタイルは、トップダウ
ンで指示されるわけではありませんから、個人
の能力があからさまにもなります。
その意味では、ストレスが増大する人もいたで
しょうが、降格人事と敗者復活もあるので組織
に対するストレスではなく、仕事に対するスト
レスになるかもわかりません。
仕事のストレスは、どのような企業でもあるこ
とではないでしょうか。
私は、仕事に対するストレスは弱くはないでし
ょう。

三番目は、このような自由度が高い経営スタイ
ルは、企業内における個人間の仕事に対する姿
勢を高め、さらに異なる部や課との間の非公式
なコミュニケーションによる政策立案能力が高
まり、チームとして一体感をもった仕事ができ
るようになります。

これだけではありませんが、ソニーにおける仕
事で組織的ストレスがたまらず、むしろフロー
現象
の中で仕事ができたことが、今日の私を作
ってくれたと感謝しています。

このような仕事環境が沢山生まれることを願う
ばかりです。

詐欺ウォールでも検出率94.7%か

私は、リスクに敏感なほうなのでウィルスソフト
詐欺ウォールなどを導入して対策はしているほう
だ、と思います。
それでも詐欺ウォールの直近の検出率は94%くら
いという報告です。
100%ではないわけですから、さらに個人で注意
しなければなりません。

そのためか、銀行やカード会社、あるいは大手企
業のメールには注意を払っています。
注意を払うことはできても毎日沢山のメールがき
ますから、いちいち中身を確認するのも大変です。
中身をみては、削除するの繰り返しでしょうか。

なかには、カード会社から来た正しいメールでも
リンクから入るのではなく、HPからログインして
指定された項目を確認したりします。
面倒このうえないことです。
そのうえ、カードの作り変えのお知らせがあった
りして、現在のカードを破棄して再発行といった
生活自体を混乱させられることがあります。

世の中便利になるのですが、その便利を悪用する
人たちがいるから日常生活は、便利なのか、不便
なのか、わけがわからない状態になっていきます。

できる範囲のことはやっておいて、その上をいか
れたら終わりだと、覚悟しています。
リスク管理ばかりでは、人生が終わってしまいそ
うだからです。